CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
お茶畑にお客さん

 

キビ   リョウさん、ひさしぶり!

リョウマ オー お帰り! 帰って来たかよ! 何処へいっちょたぜよ?

 

キビ   ちょっと アフリカへいっちょた!

リョウマ この写真は、アフリカのどこぜよ?

 

キビ   これは、うちの茶畑ですよ!  お客さんがきちょった

     跡やきねぇ。

リョウマ お客さんは、ゾウかよ? 足跡みたいにも見えるねぇ。

 

キビ   リョウさん これは、モグラやき! 畑の中の堅い土の

     ところに穴を掘ってくれちゅう。この間までアスファルト

     みたいに堅い土やったけんど、賢いモグラが来てくれて、

     地下鉄ばあの穴を掘ってくれちゅう。

 

リョウマ 農薬や除草剤をやらんかったら生き物が増えてくるねぇ! 

     けんど(だけど) あんまり、モグラを誉めよったら、

     モグラも来ん(来なくなる)ようになるき。

キビ   エッ リョウさん、なんでぜよ?

リョウマ そんなに褒められたら、モグラが「穴があったら入りたい!」

     というぜよ。     

      (大笑い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| お茶 | 23:37 | comments(0) | - |
やま桜は美しいコンシェル樹
今年からお借りしている8反程のお茶畑は、山茶(実生種:種から
植えた在来種
)の畑です。
山茶は、葉の形、大きさ、芽の出の不揃い等、収穫作業の
効率性の悪さ、収穫量が少ない事などから一般の在来野菜と
同様に大きさを揃え、収穫量が上がる様に品種改良
(本当は
改悪
)がされて来ました。そのメジャー級が「やぶきた」
という改良品種の茶です。
しかし、反自然の改良品種の収穫量を維持する為には、
化学肥料を使用し続けなければなりません。そうすれば
病虫害が発生しますので、農薬の使用は必至です。
そういう訳で木の寿命も数十年と短命です。一方、山茶が
肥料も入れずに寿命が長い
(東南アジアには、樹齢千年の木が
あり、茶を摘んで飲んでいます
)のは、根に有ります。
挿し木で植えられる「やぶきた」の根の深さが
1mとすれば、
山茶は、その
3倍以上に成ります。その深く張った根が豊富な
土のミネラル
(生命力)をお茶の葉を通して爽やかな香りと一緒
に私達に与えてくれています。まるで母親のお乳と市販の
ミルクとの違いが有るようにおもいます。今、日本において
山茶の栽培は、非常に希少となっており、この広さの山茶の
畑は、なかなかないように思います。
このように宝の山茶であっても、今は、荒れ果てた茶の木の森に
なっていますので、茶葉が摘める森へと手を入れて行くことが、
次の世代に繋げていく当面の仕事だと思っていますので頑張って
いきます。
この畑にある幹回り2メートルを超える山桜もきれいな
花を咲かせてくれました。
(今日は、キビタキの独り言でした。)



 
| お茶 | 00:03 | comments(0) | - |
やま茶と山桜の物語 2015スタート
キビタキ 龍さん、早く行きますよ。花を生けてもここでは
     ゆっくりできませんよ。
龍馬   まあまあ キビさん、昼食の時、花の一つもあれば、
     飯も美味いぜよ。
キビ   いよいよ始まったき。8.4反のやま茶の畑やきに。
     100年を超える樹齢の山桜、畑の真ん中には私の胴周り
     より大きな木。2メートル以上にも成長したお茶の木。
     すごいところやろ。お茶の森やねえ。
     どうしてもりになったんやろ。
龍馬   木に聞いてみたら分かるぜよ。
キビ   はい。聞いてみる。これから開墾をして手摘みの茶葉で
     紅茶を作りますからね。龍さん。

龍馬   道は遠いけど、がんばりや。
    (2月7日からこのプロジェクトは始りました) 
  





 
| お茶 | 23:15 | comments(0) | - |
レモンティーと生姜ティーへの挑戦
 
キビ  昨年9月に作った紅茶の香りが弱いので、レモンティー、生姜ティーを
     作りました。というか、出来るかどうかの挑戦です。

龍馬 ほ〜お〜  それで、味はどうぜよ?

キビ それがねぇ〜  まあまあですよ。レモンの皮で作ったパウダーを入れた
    紅茶は、香りは少し弱いけど、すごく飲みやすいき。

龍馬 わしも、生姜紅茶を飲んでみようか・・・・・
    ・・・う〜ん  結構いける!
    キビさん がんばりや!!!

| お茶 | 22:32 | comments(0) | - |
ショウガ紅茶
龍馬  キビさん、何を作りゆうがぞね。
キビ  紅茶にショウガを入れたジンジャーティーですよ。
龍馬  ほう-- 面白そうやねぇ
キビ  なかなか思うようにはいかんき。けんど、ショウガは
    綺麗やろ。古いショウガでなく新ショウガにしたがよ。
    洗ろうて、スライスして、ショウガは乾燥したら、
    ほんのちょっとになるき。
    
龍馬  貴重なもんやねぇ。おまん、できたらわしが最初に
    味見をしちゃるきに、すぐに持ってきいよ。
キビ  はいはい。

| お茶 | 00:16 | comments(0) | - |
彼岸花
キビ  「ミツを取るなら(頂くなら)9月に入ってから
    の方が
アメが入るから良い!」という師匠の指導
    で、取ったきに。

            この日は、天気は良いし、美人2人の加勢もあっ
    て、なぜか
蜂も落ち着いていて、予想以上に取り
    やすかった。
 
龍馬  おまん、あし(私)の知らん所で、甘い汁ばっ
    かり吸いゆう
ねえ〜。 
キビ  甘い汁とは、日本ミツバチの蜜のこと?
    私が趣味でしている目的は、日本ミツバチの
    住宅難の解消と
ミツバチの繁殖のお手伝いやき。
          その御礼として、ミツバチが年に1回、美味しい
    蜜(甘い汁)
をくれるがよ。
            ハチも喜んぢゅうと思うき。
 
龍馬  キビさん、おまん、この蜜を高い金で売ろうと
    思うちゅうろう〜。

ヒギ  イヤイヤ、龍さん、私には知人がいっぱいおって、
    入院しちゅう
人もおるきに、その人ら(人達)に、
    見舞いに持っていっちゃり
たいがよ!
 
龍馬  う〜ん・・・
          (しもおた(失敗した)。わし(あしと同じ意味
    で「私」)
としたことが、失言やった。わしの品格
    をおとしよった
ぜよ。)
    そうか、1番美味い蜜が取れるのが、彼岸花の咲く
    時期と
 いうことやねぇ〜。
キビ  そう!わたしもそう思う。
    寒くなってくると、紅茶にショウガと蜂蜜を入れた
    バイタリティーっていいかもね。

| お茶 | 01:04 | comments(0) | - |
サンセットティー
キビタキ  龍さん、サンセットティーを作ったぜよ。秋の
      紅茶のことですけどワインカラーのような色で、
      みんなに出来たてを飲んでもらった後、気が付
      いたら、中にはいちょったがよ。
      この瞬間は、何よりのご馳走やった。
龍馬    キビさん、おまん、今までどこへいちょった
      がぜよ?

 
キビタキ  紅茶を作るために借りちょった家を2月に出て
      いかんといかんなって、困っちょったら、親切
      な知人の紹介で、近くにまた借家することがで
      き、引っ越しやらお茶摘みやらで、やっと住め
      るような設えができたがよ。
      まっこと、ごめんなさい。

龍馬    そうかえ。で、もう今年は、お茶の作業は終
      わったがかえ?
キビタキ  まだまだよ。これから除草、棚ならし、趣味
      の日本ミツバチの蜜の収穫もあって、忙しい
      き!

 

            
     
| お茶 | 00:47 | comments(0) | - |
野菜畑の見学
 
キビ 龍さん ご無沙汰です。
    先週は、徳島の野菜畑に、見学にいちょったき。
    ほうれん草を食べて吃驚したぜよ!
    砂糖をふりかけちゅうぐらい 甘かった。
    こんなほうれん草たべたことがない。

龍馬 紅茶にもあうかもしれんねぇ

キビ 紅茶にはあわんぜよ!
    人参も生でかじってあまかったぜよ。

龍馬 おまん 言うだけやき、ちゃんとお土産持ってきて、食べらしてや。
キビ 龍さん まっことすまんきに。

| お茶 | 20:50 | comments(0) | - |
山茶に恋をしちゅう
 
キビ いやぁ〜 すまあったねぇ〜。今年は、暑かったし、
   この畑は、隣にみかんや柿の慣行農法の畑があって、
   農薬が飛んで来るようで、正直、除草をする気持ちが
   おきんかった。一気に除草をしたので、吃驚したろう。
   2年前に、大藪(10年程の放置園)だったのを膝ぐらい
   までに苅落として、出発したのにねぇ。
   今後は、収穫はせんでも手入れはするきに!

龍馬 キビさん、だれと話しゆうがぜよ?

キビ あぁ〜、お茶畑の木と話をしよったがぜよ。
   去年、大藪やったこの畑を開墾したとき、
   お茶の大きい木を見て、感動したのをいつの間にか
   忘れちょって、除草をしていなかったことを謝り
   よったきに。
   この秋に、地主さんから「畑に手が入ってないみたいや
   けんど、続けるのが無理やったら、お茶の木を全部
   ユンボで掘り起こそうかと思う」と言われて、ハットした
   がですよ。
   地主さんというより、お茶の木からのメッセージやと
   思うたき!

   振り返ってみると、栽培品種の「ヤブキタ」等とは違う
   日本古来の在来種「山茶」が好きで好きで、2年前、
   その話を地主さんにすると「まだ、他にも山茶の荒れた
   放棄地がある」と快く貸してくれた。
    放棄地は荒れ放題だった。ハゼ、アカメガシワ、
   センダンなど6〜7mの木が10数本、お茶の木は、
   2mほどに伸びちょた。
    開墾、刈り落としをする中で、出会ったお茶の木が
   この木やき。幹周り約30cm。感動したき!
    「この木が私をここに導いたのではないか?」と
   感じたき。
    原点を思いですことができて良かった。

龍馬 う〜ん この木はえいねぇ〜。これぐらいの木が
   あるいうことは、土地がえい。この木からどんな
   紅茶やかぶせ茶ができるか、楽しみねぇ。
  

| お茶 | 20:30 | comments(0) | - |
ぶどうジュースとピナーツ・ハチミツ
キビ   龍さん 収穫の秋がきましたよ!
         この間、自然農法のぶどうをしぼったジュースを
         飲ましてもろうたき!
         こじゃんと(大変)美味かった。市販のぶどうを
         しぼってコップ一杯飲んだら、胸焼けがするがや
         ないろうか?
         このジュースは、甘かったけんど、サッパリ
         しちょったき。

龍馬   キビさん そんな美味いもん、わしも呼んでくれんと
         いかんき。
         皿の上のクラッカー?はなんぜよ。

キビ   よう聞いてくれました。クラッカーの生地は、市販の
         もんやけんど、上にかかっちゅうクリームみたいながは、
         すり鉢で自然農法のピーナツを砕いて、バターやシロップと
         は違う日本ミツバチの蜂蜜を混ぜて作ったジャム?ですきに。
         これは、吃驚するほど美味い!!!
         紅茶の友にばっちり! べっぴん、いや 絶品やき!

         最初は、ピーナツの味が蜂蜜にかき消されたらいかんと思って
         遠慮しながら、蜂蜜を入れたけんど、なかなか「トロッ〜」と
        ならんので、たっぷり、たっぷり、入れたがよ。
        食べてみたら、「ザクッと噛むと、細かく砕いたピーナツも
        プチッとはじけて、お口の中は、ピーナツと蜂蜜の香りが、
        クラッカーに混じって、アア〜 ここに紅茶があったら・・・」
        という感じでしたよ。

龍馬   おまん(あなた)、美味いもんを食うときには、わしを
         誘いよ!忘れんとってよ!



 
| お茶 | 17:03 | comments(0) | - |
| 1/4PAGES | >>